安部監督ブログ サッカー上達への法則 安部監督ブログ サッカー上達への法則

3種リーグ3部Dリーグ結果

3種リーグ3部Dリーグ 後半期結果(4月~7月)

4月14日  vs 近江兄弟社中学 ● 0-2


4月14日  vs 八幡西中学 〇 5-2


4月21日  vs 新堂中学 ○ 4-0


4月21日  vs 船岡中学  △ 2-2


5月19日 vs 玉川中学 〇 1-0  


5月19日  vs 彦根南中学 〇 3-1


6月16日 vs  MIO滋賀 B ● 2-3


6月16日  vs 神照FC 〇 3-1

(FC湖東Bとの試合は雷雨のため中止。再試合なしとなりました。)

3種リーグ3部後期
5勝2敗1分け 

前期結果はこちら

☆結果、前期と後期合わせ12勝2敗1分けとなり、結果MIOびわこ滋賀Bに次ぎ2位となりました。

それによりMIOびわこ滋賀BはBチームのため高円宮杯は出れないので3部Dリーグの1位枠で

高円宮杯に出場します。

なお、高円宮杯は

1回戦9月23日

2回戦9月28日

3回戦9月29日

となっています。

早いもので彼らも最後の大会になり得る大会が目前に迫ってきました。

U13~15の年代であることを踏まえ、技術的な部分をメインに指導してきたのもありますが

本当に選手達は上達しています。

ここ1週間は高校生と試合を多くこなしましたが(相手は1年生メインです)

昌やきいち等何人か高校生相手に対等にやりあっていました。

現に高校の先生に褒められたり、見初められたりする選手もいました。

そういう選手に共通して言えるのは基礎技術が高い、しっかりしているという点です。

逆に能力の高さ(足が速い、体がでかい等の身体能力の高い選手)で普段活躍している選手たちは苦しんでいました。

普段なら能力の高さでカバーできるトラップの雑さ、ボール運びの雑さ、持ち方、運び方

自分と同等もしくは上の強さ、速さを前にして思うように活躍できていませんでした。

高校生相手に活躍していた選手達に共通しているのは

リフティングでした。

面白いですね。こんな基本的なところに立ち返されるなんて・・・・

でもやっぱりそうなんですよね。

例えば

練習前にテニスボール200回、右足のみでリフティング。終われば対面パス。

昌やきいちは終わらせて対面パスします。

当然最初からすぐできていたわけじゃない、落としてもすぐまた始めるし、また練習に来る時間が早い分

始めだす時間も早い。その日クリアできずとも次の日、また次の日。

他の選手が話し出したり、休む時間が長くなっていてもやる、やれる。

その面で西もすごい選手です。

まずすぐ休む選手のそばではやらない、ほかの選手から離れた場所でやる

イコール

集中してやれる、自分がやる時間を多くする。

こちらから叱られるとかでもなく

そうやって自分なりに工夫して練習に臨む、

リフティングっていう基本的な練習に対して真に向き合う選手ってのはやっぱりすごいです。

リフティングって思ってるよりもきついですからね。足もパンパンになるし。特にこのチームでは

「利き足」

のみでリフティングしているので・・・・・なぜ利き足のみかというと

messiリフティングのリフティングはどうでしょうか?

マラドーナリフティングのリフティングはどうでしょうか?

キングペレ

話がそれましたが

基礎的、基本的な練習に対し真剣に向き合い、結果(数)が出ない苦しい期間を乗り越え

上達のステップや喜びを見出している選手は強いです。

僕も見習うので、他の選手、太陽コーチ、チーム一丸となって見習いましょう(笑)!!

どうせ同じ時間を過ごすなら・・・・・(^○^)

2013/7/6 TM vs 栗東FC

 

今回は流しでアップロードしています。

 

1本目のメンバーは  http://youtu.be/vaPQx0gXzt0
        テル
 けい    りく    龍
    きいち   喬
  西  大   丈    海
        ヒロキ

2本目のメンバーは    http://youtu.be/46isi-utGqE
        テル
 龍    りく    拓
    きいち   喬
  コバ  大   丈    西
        ヒロキ

3本目のメンバーは     http://youtu.be/oRJB6O-J62c
        雄
  隆    林    拓
    翔   昌
 胤  コバ   芽   真
        茂

4本目のメンバーは     http://youtu.be/8dBkNxa3qrc
        林
 隆     雄    けい
    りく    拓
 仁  コバ  芽    真
        茂

■強いチーム・個人には・・・・・
何が必要か?

 

もしくは チーム・個人を向上させ続けるには何が必要か。

以前、陸上日本一の中学校先生に話を伺いに行ったことがあります。

当然たくさんの事がありますが今日はその中の1つ、チーム雰囲気。

 

それには

 

・お父さん的指導(雰囲気)

 

・お母さん的指導(雰囲気)

 

・兄弟的指導(雰囲気)

 

の3つが必要だという事でした。

お父さん的指導とはいうなれば「昭和のおとうさん」です。

 

お父さんが「やれ」と言ったことは絶対やる!すぐやる!

 

やらないと怖い、怒られちゃう。という雰囲気です。

お母さん的指導とはいうなれば「理解者・諭す者」です。

 

「あなたが苦しいのは分かるわ。でもお父さんがなぜあんなに厳しい事をいうのか分かる?
あなたが将来困らないために今こんなに厳しい事を・・・」

 

というような理解や同調をしてあげる存在、雰囲気。

兄弟的指導とはいうなれば「盛り上げ役」です。

 

「どうせ同じ時間を過ごすならダッシュでも元気よくやろうぜ~(^○^)」
「勝とうぜ!頑張ろうぜ~(^○^)」

 

というような存在、雰囲気。

これが選手、もしくはチームが伸び続けるために必要なことと言われていました。

 

この雰囲気はコーチだけで3つの雰囲気を作るということではなく

 

選手に兄弟的な選手がいる場合はスタッフはお父さん、お母さんの雰囲気を持てばいいらしいです。

 

選手にお父さん的な選手がいる場合はスタッフはお母さん、兄弟を担う。

 

面白いですね。

実はこれ荒れた学校を立て直す場合も一緒らしいです。

 

お父さん→生活指導の先生

 

お母さん→保健室の先生

 

兄弟  →担任の先生 or 生徒

さらにいうと家庭でも同様らしく

 

お父さん的な雰囲気のみだと子供が心を塞ぎがちになり

 

お母さん的な雰囲気のみだと引きこもりになりやすくなると話されていました。

人間にはホメオタシスといって現状に留まろうとする性質があるのでお父さん的指導はその枠から上に外していくためにと考えれば理に適っています。

 

人間は同調、理解されることでやる気が起こる、行動ができるのでそういう意味でのお母さん的指導でしょうか?

 

兄弟的指導は何にあてはまるのかな?

突き詰めて解明しきれれば本が一冊書けそうですね!!

当然リアルの選手にはそれぞれ個性があり3つ揃っていようが接し方が全て一緒ではダメです。

ただこういったことを頭の片隅に入れながら目の前の選手が一番伸びるように接して、提案して、考え考えさせ、

 

自分で工夫しながら上達の味をしめ、さらに上に・・・・となって欲しいです。

動画 すべてを見る

スポンサー 〜私達はNPO法人MIOスポーツクラブを応援しています〜