安部監督ブログ サッカー上達への法則 安部監督ブログ サッカー上達への法則

ちょっと勇気を持つ

ストライカー塾終了後、選手たちのそれぞれのチームの試合を見に行ったコーチが

「残念でした」と言っていました。

目の前に相手がいるのに突っ込んで行ったり、周りの状況を判断せずにボールを蹴っていたりしていたそうです。

ドリブル塾やストライカー塾内のゲームでは確かに正規のピッチの3分の1程のコートでやっているとはいえ、それでも顔も上がるし、判断しようとしているし、自分で行こうともいてるんだけど

チームで公式戦となるとそういう良さがまるで出せていなかったらしいです。

 

選手達にはちょっとだけ勇気を持ってほしいです。

周りの状況を確認して簡単にボールを蹴ってしまわない。自分の良さをボールを持って自分で出す。

 

中々試合の中では難しいのかもしれないけど、塾内でやれているなら出来ない事はないはず。

周りを見て良い状態でもらえるところでボールを受けて顔を上げて。そしたらちょっとの勇気をもって自分の良さを出そうとしてみて欲しいなぁ。

 

 

コーチは最後にこうも言ってました。

「もっと良くしてあげたい」と・・・・・

確かに。

3部リーグin打出中学

今日はとても暑かったです。

テスト前期間で2日間グラウンドに出てきてない選手もいたので熱中症が気になりましたが、意外に元気そうで良かったです。

 

試合では少しだけ角度をつけるパスが見られました。

テスト休み明けでコントロールがすごく落ちる選手とそうでない選手と・・・・・

日頃から真剣にトレーニングに取り組んでいる選手とそうでない選手の・・・・・

ポジションを奪われてからとか試合に負けてから頑張るのではなく、こうありたい自分やこうあるべき自分を高く持ち日常に取り組んでいれば結果に後悔する事はなくなると思います。

試合後はそのまま、京都へ関西大会を観戦に。

1チームを除いて、どのチームも判断せずに蹴りたくってました。

僕もそうだったから分かるけど、リスクはあるけど、やっぱり周りに相手がいない状況であればボールを持つ勇気と声掛けを選手にしてあげてほしいなぁ。

 

最後に打出中学の選手さん、指導者さん、自チームの選手がご迷惑おかけし、大変申し訳ありませんでした。

また今後も試合などお願いします。

 

考えて、考えて、考えない。

なんで取られたのか

どうしてたらパス通ったのか

どうしてたら抜けたのか

なんで慌てるのか

どうしてたら余裕を持てるか

相手はどこにいたのか

味方はどこにいたのか

相手は何を考えてたか

どういうフェイントが使えてたか

メッシならどうしてたか

上手いあいつならどうしてたか

 

ピッチ外で考えて、考えて。

ピッチ内じゃ考えない。

ピッチ内じゃ考えているうちに相手に取られちゃうよ!!

ピッチ内で考えるのはまた別のこと。相手の陣形や自チームとの強い弱いの所と噛み合わせ。

 

君にしか出来ないプレー。君にしかできない発想。閃き・煌き。

期待してんで!!

2 / 8123...最後 »

動画 すべてを見る

スポンサー 〜私達はNPO法人MIOスポーツクラブを応援しています〜